2007年10月25日

10月25日放送分

posted by radiocafe at 23:59| Comment(2) | ON AIR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほっこり

8_IMG_0206 天童肉.JPG8_IMG_0205 キャビア.JPG
「ほっこり」というのは難しい言葉ですね。手元に大阪弁、京都弁関連の辞書が3冊あります。ちょっと引用してみます。

まず一番ポピュラーな「大阪ことば事典/牧村史陽編/講談社学術文庫」から。

「ほっと疲れたさまにいう」

あっさりとした解説ですな。また「焼芋の異称」とあります。焼芋から湯気の立つ様子から来た言葉なんですね。

次は「京ことば辞典/井之口有一・堀井令以知編/東京堂出版」から。これは「ほっこりする」と動詞扱いです。

「ほっとする。疲れが出る。思わしくない」

このあと二つに分けて用例付きで解説が入ってます。

「(1)ほっとする。疲れたけど安堵する。『仕事がすんでほっこりした』『一日デパートで買い物して、ああ、しんど。家に帰ってほっこりしたえ』(後略)」

「(2)思わしくない。『退院しやはったのに、もひとつほっこりせんようどすな』」

最後は「上方語源辞典/前田勇編/東京堂出版」。上方言葉の辞書が二つも東京堂出版という東京の会社から出てるのが不思議です。「ほっこり(副詞・名詞)」「ほっこりする(動詞)」と項目が分かれています。

「ほっこり‥‥(1)ほっと疲れたさま。『ほっこりとくたびれた』『長道歩いたんでほっこりした』(2)ほこほこと温いこと。焼芋。蒸芋。(後略)」

「ほっこりする‥‥(1)肯定の場合。ほっと疲れる。(2)否定の場合。思わしくない。『もひとつほっこりせん(病人)』(後略)」

「親子茶屋」という落語の中で、親旦那がお茶屋で隠れ遊びをします。お茶屋へ着いてすぐに「今日は久しぶりに遠道を歩いたんでほっこりした」というセリフがあります。たぶん私が「ほっこり」という言葉を最初に意識して聞いたのがこれだったと思います。これなんかまさに「ほっと疲れたさま」だと思います。でも「疲れたけど安堵する」の意味も含んでます。疲れたことがすでに過去形になったようなニュアンスがありますよね。

京都でも今は「あたたかいさま」でほっこりを使う場合もあるでしょう。いい意味にも悪い意味にも使われるというのが上方言葉らしいと思います。二乗が「上々レポ」の中で「ほっこり」とコメントしたのはもちろん「あたたかいさま」で言うたに違いありません。

昨日の収録(来週と再来週に放送)のあと、いし田へ行きました。たくさん料理を出してもらったのですが、キャビア(この小さな入れ物が○万円だそうです。ちょっとだけ残しておいてくれはりました)と天童牛の写真だけ撮ってきましたので、これをご覧になってほっこりしてください。(どっちの意味やねん?)

桂 米二[ジーやん]
posted by radiocafe at 07:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

10月18日放送分

posted by radiocafe at 00:00| Comment(3) | ON AIR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

10月11日放送分

posted by radiocafe at 00:00| Comment(2) | ON AIR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

10月4日放送分



アップが少し遅れてしまいました。聞くのを楽しみにしていたリスナーのみなさん、ごめんなさい。

どうぞお聞きください!


ラジオカフェスタッフ
posted by radiocafe at 13:43| Comment(7) | ON AIR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。